H25 宅建 問題 36 第1問 問題

宅地建物取引業者A社が行う業務に関する次の記述は、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しますか。なお、この問において「37条書面」とは、法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。

A社は、宅地の売買の媒介に際して、売買契約締結の直前に、当該宅地の一部に私道に関する負担があることに気付いた。既に買主に重要事項説明を行った後だったので、A社は、私道の負担に関する追加の重要事項説明は行なわず、37条書面にその旨記載し、売主及び買主の双方に交付した。

正答率:158/201(78%)