H24 宅建 問題 7 第1問 問題

物上代位に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか。なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象とする目的物について、その払渡し又は引渡しの前に差し押さえるものとする。

Aの抵当権設定登記があるB所有の建物の賃料債権について、Bの一般債権者が差押えをした場合には、Aは当該賃料債権に物上代位することができない。

正答率:13630/22348(60%)