H22 宅建 問題 2 第1問 問題

AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述は、民法の規定によれば、正しいですか。なお、表見代理は成立しないものとする。

Aが死亡した後であっても、BがAの死亡の事実を知らず、かつ、知らないことにつき過失がない場合には、BはAの代理人として有効に甲土地を売却することができる。

正答率:38113/71175(53%)