H20 宅建 問題 11 第1問 問題

Aが故意又は過失によりBの権利を侵害し、これによってBに損害が生じた場合に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか。

Aの加害行為によりBが即死した場合には、BにはAに対する慰謝料請求権が発生したと考える余地はないので、Bに相続人がいても、その相続人がBの慰謝料請求権を相続することはない。

正答率:10332/11292(91%)