H26 司法書士試験 午後 問題 24 第1問 問題

所有権の移転の登記請求権を保全するための処分禁止の仮処分の執行としての処分禁止の登記が甲土地についてされている場合に関する次の記述は、正しいですか。なお、当該仮処分の債権者を「債権者」といい、当該仮処分の債務者を「債務者」という。

債権者が債務者を登記義務者とする甲土地についての所有権の移転の登記を確定判決に基づき単独で申請する場合において、処分禁止の登記がされる前に設定の登記がされた抵当権が実行され、その差押えの登記が処分禁止の登記に後れてされているときは、当該差押えの登記の抹消を単独で申請することができる。

正答率:110/181(60%)