H26 司法書士試験 午後 問題 10 第1問 問題

債権者不確知を原因とする弁済供託に関する次の記述は、判例の趣旨に照らし正しいですか。

持参債務について被供託者をA又はBとして債権者不確知を原因とする弁済供託をする場合において、Aの住所地の供託所とBの住所地の供託所とが異なるときは、いずれの供託所にも供託をすることができる。

正答率:95/114(83%)