H25 司法書士試験 午前 問題 31 第1問 問題

取締役会設置会社(委員会設置会社を除く。)である甲株式会社(以下「甲社」という。)の取締役Aが法令に違反する行為(以下「本件行為」という。)をし、これによって、著しい損害が生ずるおそれが甲社に発生した場合に関する次の記述は、正しいですか。

甲社が会社法上の公開会社である場合には、同法所定の要件を満たす株主は、Aに対し、本件行為をやめることを請求することができる。

正答率:115/194(59%)