H25 司法書士試験 午前 問題 14 第1問 問題

法定地上権に関する次の記述は、判例の趣旨に照らし正しいですか。

A所有の甲土地上にAの子であるB所有の乙建物がある場合において、BがCのために乙建物に抵当権を設定した後、Aが死亡してBが単独で甲土地を相続し、その後、抵当権が実行され、Dが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する。

正答率:270/416(64%)