H27 社労士 問33 労一 第1問 問題

社会保険労務士の補佐人制度等に関する次の記述は、正しいですか。

特定社会保険労務士が単独で紛争の当事者を代理する場合の紛争の目的の価額の上限は60万円、特定社会保険労務士が弁護士である訴訟代理人とともに補佐人として裁判所に出頭し紛争解決の補佐をする場合の紛争の目的の価額の上限は120万円とされている。

正答率:363/618(58%)