H26 行政書士 問 30 法令 第1問 問題

物上代位に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、正しいですか。

対抗要件を備えた抵当権者は、物上代位の目的債権が譲渡され、譲受人が第三者に対する対抗要件を備えた後であっても、第三債務者がその譲受人に対して弁済する前であれば、自ら目的債権を差し押さえて物上代位権を行使することができる。

正答率:313/443(70%)