監査論 H27-05 問題6 第1問 問題

「監査における不正リスク対応基準」に関する次の記述は、正しいですか。

監査人は、監査計画の策定に当たり、職業的懐疑心を発揮して、不正を実行する動機やプレッシャーが存在するかどうか、不正を実行する機会が存在するかどうか、不正を実行する際にそれを正当化する事象や状況が存在するかどうかを検討し、不正リスクの識別及び評価においてこれらの事項を考慮しなければならない。

正答率:347/367(94%)