H24 宅建 問題 10 第1問 問題

Aは未婚で子供がなく、父親Bが所有する甲建物にBと同居している。Aの母親Cは平成23年3月末日に死亡している。AにはBとCの実子である兄Dがいて、DはEと婚姻して実子Fがいたが、Dは平成24年3月末日に死亡している。この場合における次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか。

Bが死亡した場合の法定相続分は、Aが2分の1、Eが4分の1、Fが4分の1である。

正答率:11415/16681(68%)