H22 宅建 問題 34 第1問 問題

次の記述は、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいですか。

宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に金銭の授受があるときは、その額及び授受の目的について、法第35条に規定する重要事項を記載した書面に記載しているのであれば、法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に記載する必要はない。

正答率:8214/10477(78%)