H21 宅建 問題 10 第1問 問題

Aを売主、Bを買主として甲土地め売買契約を締結した場合における次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか。

A所有の甲土地にAが気付かなかった瑕疵(かし)があり、その瑕疵(かし)については、Bも瑕疵(かし)であることに気付いておらず、かつ、気付かなかったことにつき過失がないような場合には、Aは瑕疵(かし)担保責任を負う必要はない。

正答率:11097/14517(76%)