H20 宅建 問題 2 第1問 問題

所有権がAからBに移転している旨が登記されている甲土地の売買契約に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか。

CはBとの間で売買契約を締結して所有権移転登記をしたが、甲土地の真の所有者はAであって、Bが各種の書類を偽造して自らに登記を移していた場合、Aは所有者であることをCに対して主張できる。

正答率:35141/51311(68%)