H17 宅建 問題 10 第1問 問題

Aは、自己所有の建物について、災害により居住建物を失った友人Bと、適当な家屋が見つかるまでの一時的住居とするとの約定のもとに、使用貸借契約を締結した。この場合に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいですか。

Bが死亡した場合、使用貸借契約は当然に終了する。

正答率:7377/9144(80%)