H27 司法書士試験 午後 問題 23 第1問 問題

担保権の登記に関する次の記述は、正しいですか。なお、判決による登記及び代位による登記については、考慮しないものとする。

Aを登記名義人とする抵当権の設定の登記がされた後、AからBに対して債権一部譲渡を登記原因とする当該抵当権の一部の移転の登記がされている場合において、当該抵当権の被担保債権のうちAの債権のみが弁済されたときは、「Aの債権弁済」を登記原因として、抵当権の変更の登記を申請することができる。

正答率:110/132(83%)