H26 司法書士試験 午前 問題 25 第1問 問題

刑法における罪数に関する次の記述は、判例の趣旨に照らし正しいですか。

Aは、不法に他人の住居に侵入し、そこに居住するB及びCの2名を殺害した。この場合、Aに成立する住居侵入罪とB及びCに対して成立する各殺人罪とがそれぞれ牽連犯の関係にあり、これらは、併合罪となる。

正答率:150/259(57%)