H25 司法書士試験 午後 問題 3 第1問 問題

弁論主義に関する次の記述は、判例の趣旨に照らし正しいですか。

所有権に基づく土地の明渡請求訴訟において、原告が被告に対して当該土地の使用を許した事実を原告自身が主張し、裁判所がこれを確定した場合には、被告が当該事実を自己の利益に援用しなかったときでも、裁判所は、当該事実を判決の基礎とすることができる。

正答率:103/150(68%)