H25 司法書士試験 午前 問題 25 第1問 問題

正当防衛の成否に関する次の記述は、判例の趣旨に照らし正しいですか。

Aは、Bと口論になり、鉄パイプで腕を殴られたため、Bから鉄パイプを奪った上、逃げようとしたBを追い掛けて、その鉄パイプで後ろからBの頭部を殴り付け、全治1週間程度のけがを負わせた。この場合において、AがBを殴った行為について、正当防衛が成立する。

正答率:192/221(86%)