H27 社労士 問4 労基法 第1問 問題

労働基準法に定める賃金等に関する次の記述は、正しいですか。

労働基準法第24条第1項に定めるいわゆる賃金直接払の原則は、例外のない原則であり、行政官庁が国税徴収法の規定に基づいて行った差押処分に従って、使用者が労働者の賃金を控除のうえ当該行政官庁に納付することも、同条違反となる。

正答率:2537/3440(73%)