H26 社労士 問6 労基法 第1問 問題

労働基準法に定める休暇、休業等に関する次の記述は、正しいですか。

労働基準法第39条の趣旨は、労働者の心身の疲労を回復させ、労働力の維持培養を図るため、また、ゆとりある生活の実現にも資するという位置づけから、休日のほかに毎年一定日数の有給休暇を与えることにある。

正答率:614/653(94%)