H25 社労士 問30 徴収法 第2問 問題

労働保険徴収法に関する次の記述は、正しいですか。

所轄都道府県労働局歳入徴収官は、労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金を納付しない事業主に対して、期限を指定して督促を行うが、指定された期限までに納付しない事業主からは、指定した期限の翌日から完納の前日までの日数に応じ、所定の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。

正答率:163/304(53%)