H24 社労士 問63 国年法 第1問 問題

国民年金法に関する次の記述は、正しいですか。

死亡一時金の額は、毎年度、所定の金額に当該年度に属する月分の保険料の額の平成17年度に属する月分の保険料の額に対する比率を乗じて得た額を基準として政令で定めた額である。

正答率:1820/3107(58%)