H26 行政書士 問 33 法令 第1問 問題

債権の準占有者に対する弁済等に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、妥当ですか。

他人名義の預金通帳と届出印を盗んだ者が銀行の窓口でその代理人と称して銀行から払戻しを受けた場合に、銀行が、そのことにつき善意であり、かつ過失がなければ、当該払戻しは、債権の準占有者への弁済として有効な弁済となる。

正答率:278/333(83%)