H25 行政書士 問 33 法令 第1問 問題

A、B、C、D、Eの5人が、各自で出資をして共同の事業を営むことを約して組合を設立した場合に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、正しいですか。

Aは、組合の常務について単独で行うことはできず、総組合員の過半数の賛成が必要であるから、Aのほか2人以上の組合員の賛成を得た上で行わなければならない。

正答率:120/195(61%)