H25 行政書士 問 27 法令 第2問 問題

錯誤による意思表示に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、妥当ですか。

法律行為の相手方の誤認(人違い)の錯誤については、売買においては法律行為の要素の錯誤となるが、賃貸借や委任においては法律行為の要素の錯誤とはならない。

正答率:266/333(79%)