H25 行政書士 問 27 法令 第1問 問題

錯誤による意思表示に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、妥当ですか。

法律行為の要素に関する錯誤というためには、一般取引の通念にかかわりなく、当該表意者のみにとって、法律行為の主要部分につき錯誤がなければ当該意思表示をしなかったであろうということが認められれば足りる。

正答率:133/194(68%)