2級 2012年1月 問題 26 問題

株式の信用取引に関する次の記述の空欄【ア】~【ウ】にあてはまる数字および語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

株式の信用取引は、投資家が証券会社等から金銭や株式等を借りて株式等を売買する取引であるが、投資家は証券会社等に一定の委託保証金を担保として差し入れる必要がある。例えば、委託保証金率が30%である信用取引において300万円の売買取引(新規建て)を行うためには、最低でも【 ア 】万円の委託保証金が必要となる。信用取引には制度信用取引と一般信用取引の2種類があり、そのうち制度信用取引については、証券取引所の規則により弁済期限が定められており、新規建て日から【 イ 】の応当日から起算して4営業日までに弁済しなければならない。信用取引の弁済方法には、反対売買と【 ウ 】がある。

正答率:914/1203(75%)