財務会計論 H26-12 問題2 第1問 問題

会社法によれば、株式会社は、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならないとされている。また、会社計算規則では、この省令の用語の解釈および規定の適用に関して、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準その他の企業会計の慣行をしん酌しなければならないと規定されている。これに関連する次の記述は、正しいですか。

会計帳簿が正確であるためには、少なくとも、取引事実に基づく記録が適切な証拠資料に基づいて行われていること、取引事実について記録された価額・計算に間違いがないことが求められる。

正答率:216/228(94%)